« 今シーズンのトーナメントスケジュール | トップページ | カザフスタンオオナマズ »

2006年6月22日 (木)

のんびり釣りしたいなァ

P10100111

このところ、あまり時間的な余裕がなく、のんびり釣りをしている時間がありません。それにいざ、ロッドを持ってボートに乗ると、「釣ってやろう」という気持ちが先にたって、「のんびり釣りをする」どころではありません。

日本の田舎に帰ると、竿を持って、渓流に歩いて出かけるのですが、そのときには、あまり「釣ってやろう」という気持ちもなく、山の空気を吸い込みに行くといった気持ちのほうが強いような気がします。

オーストラリアで追いかけている魚が、500キロのカジキだったり、40キロのGTだったり、10キロのバラマンディーだったりするので、釣りに出かけると、かなり気合が入るのですが、山の中で、15センチ程度のヤマメを相手にしていると、自然に心も頭も和んでくるような気がします。

小さな魚でも釣れれば嬉しいのですが、海の魚を釣ったときにするガッツポーズなんかが出てくるわけでもなく、むしろホッとした気分にしてくれます。

ケアンズの近くの川に、私のお気に入りの場所があります。

マングローブに覆われた小さな流れ込みを、マングローブを掻き分けながら20メートルほどさかのぼると、広いプールのような場所に出ます。冬、風がやんで、日差しが強く感じられるような日は、陽だまりの中で、バラマンディーがウィードの中からひょっこり姿をあらわして、まるで冬の日差しを楽しむように、水面近くに浮いていることがあります。

今日、4センチほどのミニルアーをタックルボックスの奥から引っ張り出してきてセッティングしました。今度、休みの日に、そこでのんびり釣りを楽しんでこようと思います。

でも、そういいながら、そんな冬の穏やかな天気の日は、我慢できなくて、河口周りのバンクで、クィーンフィッシュやGTを狙うために、大型ポッパーを投げることになるんだろうなァ。

|

« 今シーズンのトーナメントスケジュール | トップページ | カザフスタンオオナマズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびり釣りしたいなァ:

« 今シーズンのトーナメントスケジュール | トップページ | カザフスタンオオナマズ »