« ミルク、ファースト | トップページ | ケアンズの渓流釣り(18禁) »

2007年8月26日 (日)

星野 道夫

Pic_00011

久しぶりに、星野道夫の本を読んだ。

実は、家の猫、無断外出禁止にしていて、それでも外でカエルやトカゲを追いかけたいらしく、盛んに外に出せとせがむ。それで、1日、1時間ほど、外に出してやるのだが、その間、猫ばかり眺めていても、こちらも退屈なので、何の気なしに、本棚から星野道夫の本を取り出して、読み始めたら停まらなくなった。

結局、2冊、読んでしまった。

星野道夫の写真は、その写真の裏に「生命が誕生してから、永遠と続く時間」とか「地上の創造物の連綿と続く限りない命」とか、それ以上の何か(うまく表現できない)が感じられて好きだ。

学生の頃に読んだ藤原新也の「印度放浪」の中にある、ガンジス河の中洲で野良犬が人間の屍を食らう写真と同じ匂いがする。

そろそろ、釣りに出かけて、頭の中をクリアーにしないと。

表現者 (Switch library) Book 表現者 (Switch library)

著者:星野 道夫
販売元:スイッチパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて (ほたるの本) Book 森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて (ほたるの本)

著者:星野 道夫
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ミルク、ファースト | トップページ | ケアンズの渓流釣り(18禁) »

コメント

星野氏のことは詳しくないですけど、氏の写真を見たときには本当にしびれました。写真家だとばかり思っていたので、本もだしているとは驚きです。自分も読んでみようと思います。
少ないですが星野氏の写真が見れるサイトです。
http://www.fujifilmmuseum.com/pro_artist/artist/list/?id=2

投稿: yoshi | 2007年8月28日 (火) 09:38

ヨシさん、ご無沙汰です。

星野道夫さんは、けっこう本も書いてます。公式サイトの中に、書籍の紹介コーナーもありますから、そちらで確認できますよ。

http://www.michio-hoshino.com/

紹介頂いたフジフィルムのサイトも、さっそく見てみました。私は、動物の写真よりも「蘚類に覆われた原生林」とか「引き潮の入り江」といったような風景写真のような写真が好きです。

投稿: バラマン爺 | 2007年8月28日 (火) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野 道夫:

« ミルク、ファースト | トップページ | ケアンズの渓流釣り(18禁) »