2009年1月21日 (水)

ホームページ更新

Indextourmarlin_2   Indextournomad

Indextourpng_2  Indextourweipa

今日、ホームページを更新しました。

それに合わせ、今年は、いくつか乗り合いツアーを組むことにしました。

海外遠征に出かける際、なかなか仲間が集まらない、あるいは、少人数だとコストが高くついてしまう、等々、いろんな問題が出てきます。

そんな問題を解消して、なるべく皆さんにご参加頂けるよう、予め日程を組んで、ご希望の方を募っていこうという考えです。

今年は上記、4つのツアーを組みました。

日程等の詳細は、以下の通りです。いずれもベストシーズン、ベストタイドを選んでスケジューリングしてあります。ベストシーズンの為、日程が近くなればなるほど、ボートや航空券の手配が難しくなります。各ツアーの定員も、最大4名程度までにしていますので、ご希望の方はお早めにご連絡を。

各ツアーの詳細は次の通りです。

 

Indextournomad

数々の大物を仕留めてきたあのコーラルシートリップにバジェットコースが登場。
今回のコースはGTフィッシングがメインのコースとなります。円高でかなり割安。コースの詳細は、「コーラルシーロングトリップ」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程): 6月5日~11日  6月12日~18日
詳細 : マッカイ(クィーンズランド州東岸、中部)発着、6泊7日

 

Indextourpng_2  

40ポンド(20キロオーバー)のモンスターバラマンディー。淡水魚最強のパワーファイター、パプアンバス。
パプアニューギニアでしか味わえないい醍醐味です。ベストタイドの2トリップをチョイス。コースの詳細は、「ポートモレスビー、バラマンディーとパプアンバス」のページでご確認下さい。 

ツアー日程(現地日程) : 6月28日~7月2日  8月23日~8月27日
詳細 : 4泊5日、到着日、最終日は半日フィッシング、中日3日間の終日フィッシング、ロッジ泊

 

Indextourmarlin_2

グレートバリアリーフのベストシーズン。トローリングで1000ポンドマーリンを、キャスティングでGTを狙います。マーリンの活性が上がらない午前中は、インリーフでGTメインのキャスティング、午後は、アウターリーフでマーリンを狙います。 メインスポットはケアンズ北部のリボンリーフ周辺。

ツアー日程(現地日程) : 10月28日~31日
詳細 : 船中3泊4日、クックタウン、もしくはリザード島発着

 

Indextourweipa

ケアンズのあるクィーンズランド州の中でも、最も大物バラマンディーの実績のあるウエイパ。
バラマンディー以外にツナ、GT、スレッドフィンサーモンなど、多くの魚種が期待できます。ケアンズ経由でのアクセスになります。コースの詳細は、「ウエイパ、ホテル泊、デイトリップ」のページで確認下さい。

ツアー日程(ケアンズ発着) : 9月19日~22日
詳細 : 3泊4日、ホテル泊、到着日半日、その後3日間の終日フィッシング

 

 

Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリック、クリックしても、申し込めません!! 申し込み、お問合せはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

船中泊、コーラルシートリップ

Nsa_imagesvideo_boatsplanesgallery_

_nom00161

2009年度のコーラルシートリップの最新スケジュール、料金、空席状況、アップしました。

コーラルシー、マザーボートフィッシングトリップ

今まで、数々の大物を仕留めてきたノマドのこのマザーボートトリップですが、今年は、バジェットコースも設定され、参加しやすくなりました。円高で、1週間の釣り三昧の釣行では、かなりの割安感があります。

ボート定員は1トリップ12名までですので、ご希望の方は、お早めにご連絡下さい。

 

 

Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリック、クリックしても、申し込めません!!

詳細は、こちら

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ヒンチンブルック島

Kazuki_noashi1

前回の児玉一樹プロのヒンチンブルック島釣行の写真が、ガイドのデイブから送られて来ました。

このときの釣行の様子は、確か「シーバスマガジン」に掲載の予定です。(間違ってたらゴメン)

児玉プロは90(キューマル)サイズも掛けたらしいのですが、・・・・・。 あまり詳細は書けませんので、詳しい釣果が気になる方は「シーバスマガジン」を購入下さい。

ちなみに一緒に写っているのはライターの大川さんです。

撮影の合間の一コマ(?)ということで。

ちなみに、私も、初日は、ボートに乗船させて頂いて、スミの方で小さくなりながらキャスティングさせて頂きました。もちろんお二人の了解を頂いた上ですが。

サイズは、確か70(ナナマル)程度だったかと。一昨年、1時間半あまりで30匹以上も釣れてしまった爆釣ポイントでの1匹でした。

水深50センチ。マッディーな広いバンクで、濁りのある水の中に姿を隠しています。ゆっくりトゥイッチしながらバンクの上にルアーを泳がせていると、濁った水の中からス、ス、スーーーッと出てきます。

ビルの大きなスローフローティングのディープダイバー系ルアーで、トゥイッチを細かくして、顔の前でルアーを躍らせてやると、バクッと来ます。

この魚も、ボートの手前、1メートルくらいまで、ルアーに誘われながらフォローしてきた1匹でした。

一昨年の「爆釣」とまでは行きませんでしたが、同じポイントで10匹程度は釣れたのではないでしょうか?

ヒンチンブルック島って、岸際のマングローブの林が厚く、かなり奥までマングローブの根が続いています。従って、一旦潮が満ちてしまうと、魚が、ルアーが届かないようなマングローブの奥まで入ってしまって、なかなか釣果に結びつきません。でも、潮が引いてくると、魚が水際まで出てきますから、かなりの数の釣果が期待できます。

ヒンチンブルック島にお越しの際は、事前に、潮の状況を確認していらして下さい。

もちろん、お問合せ頂ければ、ベストタイドの日程をアレンジいたします。雨季が本格化する1月中旬までは、なんとか行けると思います。

Img_42871

 

  

Banner_03_2 <== 「遊んでないで、仕事しろよ!!」、と思った方はクリック、クリック!! (一応、これも仕事ですって。)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

ヒンチンブルック島

P

今日は、バスプロの児玉一樹さんとフィッシングライターの大川さんを空港でお出迎えした後、ヒンチンブルック島へ。

今日から24日まで、3泊4日の釣行です。

このお二人、丁度2年前にもヒンチンブルック島へいらしてます。

そのときは、私もそれまでに経験したことのないバラマンディーの爆釣に出くわし、1時間半の間に3人で確か50匹近いバラマンディーを釣り上げたはずです。(詳細はこちら

今日も、10時頃のスタートで、潮が高くなり、早めに切り上げたのが午後5時頃でしたが、15匹程度は釣り上げたのではないでしょうか。

その内、最大魚は70センチ弱でした。

明日から3日間、どんな釣果になるのか楽しみです。

それにしてもヒンチンブルック島はよく釣れます。車で2時半かかり、移動に時間が取られますが、多少は無理しても、出かける価値のあるバラマンディースポットです。

 

 

Banner_03_2 <== 「行きたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

渓流へ(フライって難しいワ)

P2

今日は、先日のフレッシュウォーターフィッシングのリベンジで、再度、渓流へ。

前回は、あまりにも川沿いに人が多かったので、今日は、あまり人の入らない、かなり上流へ遡ることに。

ただ、昨日、今年初めてのスコールらしいスコールがあって、今日の予報も、午後はスコール。

この時期のスコールって、必ず落雷が伴いますから、かなり要注意です。万が一のことも考えて、スコールのやってくる前に戻って来たいと考え、早めに家を出て、ハイウェイを移動し、山の中へ。

今日はフライメインで考えていたのですが、・・・・。

残念ながら、フライでの釣果はありません。

けっこう、簡単に行けるかと思っていたのですが、トラウト用のニンフ・フライには、まったく無反応でした。

ボウズだけは逃れたかったので、ルアーにチェンジして1匹。

P3

このスーティーグランターって、けっこう難しい魚かも?

というのは、ルアーでの釣果のときもそうですが、最初の1投で、その周辺にいる魚は、ワラワラと、ルアーに寄って来て、その内の1匹がフッキングするというパターンなのです。そして、そのときにフッキングさせないと、2投目、3投目と、キャスティングの数が増す毎に、アタックしてくる魚が少なくなり、4投目くらいでは、誰も相手にしなくなります。

そして、殆どの魚が岩陰に隠れて出てこなくなります。

ルアーにフッキングする魚は、大抵、その群の中でも、大きなサイズの魚ばかりで、小さなサイズの魚は、興味を示しますが、バイトしようとはしません。

これって、ルアーは、ベイトと認識しているわけではなく、たぶん、「よそ者」と思われているような。

するってえと、やはり、フライは、小さなニンフよりも、大きなクラウザーミノータイプが効果的ってえことかァ?

今度、試してみよ。

P4

 

 

Banner_03_2 <== 「フライ、今度はいけますよ!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

フライロッド

P90700031

ようやく、待ち焦がれていたフライロッドが届きました。

今までも、レンタルロッドやもらいもののロッドでフライフィッシングにチャレンジしてきましたが、今回、本格的にフライフィッシングにのめり込もうかと思ってます。

きっかけは、パプアニューギニアで釣った127センチのバラマンディー。

10年以上も、メーターオーバーのバラマンディーを追いかけてきて、ようやくそれを手にして、「次はどこに行こうか?」といろいろ考えました。

その中で、あれも釣りたい、ここにも行きたいと、いろいろと考えていたのですが、それを全部かなえるには、(たぶん?)人生の半分以上を生きてきたオッサンにとっては、あまりにも時間的な余裕がなさすぎることに、ハタと、思い至った訳です。

「えーッ!、もうこれだけ!」っていう心境でした。

貧乏人のオッサン(俺のこと?)は、ここで、宝くじでも当てて、残りの人生を、釣り三昧で過ごそうかとも思ったのですが、自分の人生で、そうそうラッキーな経験をしたこともなく、ロッドを振れなくなるようなお爺ちゃんになってから宝くじに当たっても、あまり意味がないような気もして。

そして、その答がフライフィッシングでした。

何か、新しいことを初めてみたいという気持ちと、サイズ一辺倒の釣りでなく、そのプロセスをもっと楽しみたいと思ったのが、その理由です。

「悠々として急げ」という開高健の言葉があります。

この言葉の意味が、オッサンになって、少し理解できたように思います。

これから、ちょっと、別の角度から、魚と戯れてみます。

 

 

Banner_03_2 <== 「俺もオッサン、この気持ち、わかるわ~。」、と思ったオッサンはクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

パーミット 103センチ

Dscf06781

パーミット。

フライフィッシャーマン垂涎のターゲットです。

今年の冬、ケアンズ近郊のマルグレーブリバーの河口で釣れたものです。

サイズは、なんと103センチ。

餌さ釣りでの釣果ですが、ランディングに40分かかったとか。

餌さ釣りですから、ラインはたぶん20ポンド前後です。

パーミットって潮がぶつかるリーフの突端なんかに100匹単位で群れている光景をよく目にしますが、通常は60センチ程度で、1メートルを越える魚体は見たことがありません。

ヒンチンブルック島、ケアンズから北のファーノースクィーンズランドエリアでは、パーミットは冬の魚です。

今年はシーズンも終わりますが、来年、このモンスターパーミット、狙ってみます?

 

 

Banner_03_2 <== 「これ、釣ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

来週、水曜か木曜辺り?

Idg000731

この天気図、上から月曜の午前、午後、火曜、水曜、木曜と並んでます。

今朝は、少し冷え込みが強かったように思いますが、明日から次第に風がおさまって、朝夕の冷え込みが一層強くなり、風が次第におさまって来ます。

水曜辺りが今回の凪のピークのはずです。

木曜辺りは、雲も多くなって、風が出てくるはず。

ということは、水曜か、木曜が、多分、今シーズンのメータークィーンフィッシュのラストチャンスだと思います。

とりあえず、最後に釣っとかないと。

知り合いのガイド連中の話だと、今シーズンは、久しぶりにクィーンフィッシュの当たり年だったとか。

記憶では、7年前のシーズンがピークで、それから「爆釣」と言えるようなシーズンがなく、今年まで来ましたが、来年以降も、この調子で続いて欲しいものです。

 

 

Banner_03_2 <== 「オレも釣っとこ」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

ウエイパ

May_1_imeter_barra_0321

最近、ウエイパでのバラマンディーフィッシングの問合せがあり、フィッシングガイドのジムに連絡したら、いつもの釣果自慢です。

「この前、またメーターオーバーのバラマンディーを釣ったゾ~!!」

なんて言うので、こっちも、

「俺も、ニューギニアで45ポンド、釣ったもんネ~!!」

と切り替えしてやったら、

「今度、ニューギニアに行くときは、インフォメーションくれよ。」って言ってました。

素直なやつです。

いつも、釣果報告では、やられてばかりなので、たまに、こんな話でもしとかないと、こっちも、いちおう、アングラーの端くれですからね。

それにしても、最近のウエイパって、ほんと忙しそうです。

以前は、4月に雨季が明けて、1ヶ月くらいすれば、あまり人も行かなくなって、ガイドは、かなり暇な状況だったのですが、最近は、フライフィッシャーマンがロングテールツナやクィーンフィッシュ、ゴールデントレバリー、はたまたパーミットなどを求めて、冬のウエイパに出かけるようになって、以前と様変わりです。

8月は、少し暇なようですが、9月から本格的なバラマンディーシーズンで、もうかなりの予約があるらしく、10月くらいまで休み無しなんて言ってました。

11月に入れば、まだ少し空きがあるようです。

メーターバラを狙うなら、11月の雨季直前がベストですから、ご希望の方はお早めに。

Plill_barra_0091

Plill_barra_0021

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

明日、遊んできます

Dscf04561

このところのケアンズは、朝夕の冷え込みがかなりきつくなり、電気ストーブを始めて取り出して使っているくらいです。

でも日中になれば、気温も26度くらいまであがり、風も涼しく、ほんとうに乾季らしい好天が続くようになりました。先週の金曜日辺りで天候が崩れるかと思っていたのですが、嬉しい誤算でした。

家のタマも、庭のポーチの上で、ビロロ~ンっと伸びきって、ポカポカ陽気の日の光を浴びてます。

こんな日は、早朝、ケアンズの市内の南側は早朝霧が立ち込めるのですが、こんな天候がクィーンフィッシュを川の中に呼び込むわけですわ。

そこで、ようやく、明日、出動です。

天気図で見る限りだと、この好天、今週末くらいまで続くようで、潮周りがいいのは水曜あたりですが、そうそう都合よく休んでもいられないので、明日、出動することにしました。

予定としては、午前中、潮の高いうちに、クィーンフィッシュやGTをポンポンっと片づけて、午後は、のんびりフライフィッシングでも、なんて思ってます。

でも、ほんと、この辺りで釣っておかないと、いよいよクィーンフィッシュのシーズンも終わりに近づいてますからねェ。

次回17日の大潮の潮周りがラストチャンスだと思いますが、天候が崩れれば、今週辺りが最後になるかも知れません。

Dscf04631

 

 

Banner_03_2 <== 「俺もクィーンフィッシュを釣ってみたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)