2009年1月21日 (水)

ホームページ更新

Indextourmarlin_2   Indextournomad

Indextourpng_2  Indextourweipa

今日、ホームページを更新しました。

それに合わせ、今年は、いくつか乗り合いツアーを組むことにしました。

海外遠征に出かける際、なかなか仲間が集まらない、あるいは、少人数だとコストが高くついてしまう、等々、いろんな問題が出てきます。

そんな問題を解消して、なるべく皆さんにご参加頂けるよう、予め日程を組んで、ご希望の方を募っていこうという考えです。

今年は上記、4つのツアーを組みました。

日程等の詳細は、以下の通りです。いずれもベストシーズン、ベストタイドを選んでスケジューリングしてあります。ベストシーズンの為、日程が近くなればなるほど、ボートや航空券の手配が難しくなります。各ツアーの定員も、最大4名程度までにしていますので、ご希望の方はお早めにご連絡を。

各ツアーの詳細は次の通りです。

 

Indextournomad

数々の大物を仕留めてきたあのコーラルシートリップにバジェットコースが登場。
今回のコースはGTフィッシングがメインのコースとなります。円高でかなり割安。コースの詳細は、「コーラルシーロングトリップ」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程): 6月5日~11日  6月12日~18日
詳細 : マッカイ(クィーンズランド州東岸、中部)発着、6泊7日

 

Indextourpng_2  

40ポンド(20キロオーバー)のモンスターバラマンディー。淡水魚最強のパワーファイター、パプアンバス。
パプアニューギニアでしか味わえないい醍醐味です。ベストタイドの2トリップをチョイス。コースの詳細は、「ポートモレスビー、バラマンディーとパプアンバス」のページでご確認下さい。 

ツアー日程(現地日程) : 6月28日~7月2日  8月23日~8月27日
詳細 : 4泊5日、到着日、最終日は半日フィッシング、中日3日間の終日フィッシング、ロッジ泊

 

Indextourmarlin_2

グレートバリアリーフのベストシーズン。トローリングで1000ポンドマーリンを、キャスティングでGTを狙います。マーリンの活性が上がらない午前中は、インリーフでGTメインのキャスティング、午後は、アウターリーフでマーリンを狙います。 メインスポットはケアンズ北部のリボンリーフ周辺。

ツアー日程(現地日程) : 10月28日~31日
詳細 : 船中3泊4日、クックタウン、もしくはリザード島発着

 

Indextourweipa

ケアンズのあるクィーンズランド州の中でも、最も大物バラマンディーの実績のあるウエイパ。
バラマンディー以外にツナ、GT、スレッドフィンサーモンなど、多くの魚種が期待できます。ケアンズ経由でのアクセスになります。コースの詳細は、「ウエイパ、ホテル泊、デイトリップ」のページで確認下さい。

ツアー日程(ケアンズ発着) : 9月19日~22日
詳細 : 3泊4日、ホテル泊、到着日半日、その後3日間の終日フィッシング

 

 

Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリック、クリックしても、申し込めません!! 申し込み、お問合せはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

「元祖、釣れない君」

Cimg01241

10月26日の記事で紹介した「元祖、釣れない君」のジュンちゃんですが、実は、ケアンズ滞在中、デイントゥリーリバーでバラマンディーを釣り上げてました。

サイズは47センチ。

さすがです。

これで、足掛け6年、ケアンズで、やっと悲願のバラマンディーを手にしたことになります。

うれしそうですなァ~。

ジュンちゃんの名誉の為に付け加えておくと、このバラマンディーを釣り上げた翌日、今度は、ケアンズ湾内での餌さ釣りに参加。

なんと、竿頭だったそうです。

その釣果が、これ

Cimg01251

サバフグです。

流石です。

「元祖、釣れない君」から、頭一つ、抜け出た感じですなァ~。

 

 

Banner_03_2 <== 「ジュンちゃんの気持ち、解るわァ。」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

ニューギニアのパプアンバス、バラマンディー

12_sept_08_0201

またまた、ニューギニアからの釣果報告です。

パプアンバス、32ポンド。

バラマンディー、48ポンド。

実は、この釣行の2週間ほど前、この写真に写っているガイドのジェイソンから 「席が空いてるから遊びに来ない。招待するよ。」なんて夢のようなメールが届いて、大喜び。

喜び勇んで支度をしていた矢先、「ゴメン。席が埋まってしまったのよ。」なんていう悪魔のメール。

「お前、ええ加減にせ~よ!!」

ほんと、こっちは、パプアンバスやバラマンディーの大物用に、いろんな策を練って、新しいルアーなんかも購入して、それに手を加え、秘密兵器の準備も万端っていうときだったんだぞ!!

おまけに、その後で、こんな楽しそうな写真も送ってきて。

12_sept_08_0801

悔しいので、写真の顔、入れ替えておきました。

覚えてろよ、ジェイソン!!

ま、世の中、そうそう美味しい話はころがってませんっていう見本みたいな話ですわ。

Image

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

あ、そうそう、来年6月、徒党を組んで乗り込む予定です。ご希望の方はご一報を!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

突然ですが

33

Img_966821_2

えー、突然ですが、パプアンバスとバラマンディーを釣りにパプアニューギニアに出かけます。

狙うサイズは、もちろん、写真のサイズ。

パプアンバス 30ポンド(15キロ)オーバー

バラマンディー 50ポンド(25キロ)オーバー

一緒に行ける方、公募します。

日程は次の通り。

12日 ポートモレスビー発
15日 ポートモレスビー着

「夏休み、取れなかったし。」、とか、「会社辞めて暇だし。」、とか、「お金、余ってるし。」とか、理由はなんでも結構です。

連絡下さい。

連絡先は、このページの右上、メール送信へ、連絡下さい。

 

 

Banner_03_2 <== 「お、行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

パプアニューギニア、ウルルン釣行記

P81201311

今月初め、パプアニューギニアにパプアンバス、バラマンディーを狙って釣行された中野様より写真が届きました。

手配中、いろいろとご希望をお聞きしている間に、気がつけば現地の村人宅にホームステイ。

こちらも、「大丈夫かあ?」なんて、少し心配してましたが、結構、楽しんでいらしたようです。

パプアンバスはラインブレイクばかりでものに出来なかったようですが、なんとかバラマンディーは確保。

写真を拝見する限りでは、なんか、楽しそうな雰囲気です。

この釣行の詳細は、中野様のホームページで確認できます。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~TakeCafe/

 

P81201151

 

P81100711

 

 

私事ですが、何故か、9月にまたニューギニアに出かけることになりそうで、なにやら楽しいことになってきました。

オーストラリアは、いよいよ、本格的なフィッシングシーズンに突入だし、なんか、いい感じです。

 

 

Banner_03_2 <== 「お、行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

パプアンバス 33ポンド

33

 

ニューギニアのフィッシングガイド、ジェイソンからの写真です。

パプアンバス33ポンド。

先日、日曜日の釣果です。

パプアニューギニアって、基本的に、勝手に釣りができません。勝手に魚を釣っていようものなら、何が起こるか判りません。

基本的に「オラが川、オラが魚」です。

川に入って釣りをするには、その村の長に許しを得なければ、「勝手なことするな!!」ということになります。

現地の人も釣りはしますが、せいぜい、20センチ程度の小魚を餌で釣るくらいですから、どこで竿を出しても、手付かずのポイントばかりです。

この33ポンドのパプアンバスも、初めて入った川での釣果です。

「ドッカ~~~ン!!」と引きずり込まれるような辺りを体験したくなったら、ニューギニアが一番です。

川はこんな感じです。

Photo

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

パプアニューギニアのフィッシングレポート、アップしました

04511

今回のパプアニューギニアの釣行記、ホームページにアップしました。

以下のアドレスで確認できます。

 -その1-  ポートモレスビー観光  

 -その2-  BAIAフィッシングロッジ(ニューブリテン島)

 -その3-  バラマンディーフィッシング(ガルフ)

今回の釣行は、私にとって、きっと、忘れられない釣行になると思います。

1291

Img_943231

110608_0291

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

パプアンバス用ルアー

Bb1_3

今回のパプアンバス、スポッテッドバスのヒットルアーは、これ。

river2sea というメーカーのポッパー。

このメーカー、香港のメーカーで、オーストラリアではかなりポピュラーなブランドです。今までバラマンディー用に8.5センチサイズを使ったことがあって、そこそこ釣れていたので、ニューギニアに出かける前日に、釣具屋で、なにげなく11センチサイズを買っておきました。

今回参加した殆どのメンバーがラパラのスキッターポップを使う中、同じルアーを投げてもつまらないので、このルアーを使ってみましたが、結局、3日目に、ラインブレイクでパプアンバスにルアーを持っていかれるまで、2日間で9匹のパプアンバス、スポッテッドバスを釣り上げるという、好結果でした。

このメーカー、日本製ルアーのパクリ商品が多く、このポッパーも、たぶんメガバスのポップエックスのパクリ商品です。

パッケージにも、日本で販売されていないにもかかわらず日本語と英語の説明書きがあり、「日本のフィールドで選び抜かれた豊富なカラーパターン」なんて書いてあったりします。

フックは、OWNERの丈夫なものに変えました。

今回の釣行の私の最大魚(下の写真)も、この中国製のポッパーでした。

13731

今回は、あまり状況がわからないまま、釣ることに目が行ってしまい、あまりサイズアップできませんでした。

後々、みんなの釣果、ポイントの状況を考え合わせると、やはり、朝マズメ、夕マズメは、活性が高く、トップにも出てくる魚ですが、日中は、特に大きな固体は、深みのストラクチャーに潜んでいるようです。

大きな固体を狙うのであれば、スローシンキングのソフトスイムベイトで、深みを探っていった方がいいように感じました。

ロッジのオーナーのリカルドは、「活性の低くなる日中は、魚に警戒心を抱かせないように、ポイントは休ませておいて、活性の高くなる朝夕に釣った方がいい。」なんて言ってましたが、限られたチャンスしかない我々にとっては、そういうわけにはいきません。

ま、でも、どうにかして、これくらいのサイズを釣ってみたいものです。

100715921381
(ロッジオーナー、リカルドの釣果)

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

パプアンバス、スポッテッドバス

1341

今回のパプアニューギニア釣行で、パプアンバスとスポッテッドバスを狙って滞在したBAIAフィッシングロッジの6日間の様子をホームページスペシャルフィッシングトリップのページにあっぷしました。

パプアニューギニアでのフィッシングロッジとしては申し分のないサービスでした。

今回訪れた4つの川以外にも、周囲には、まだまだ大物が潜む未解放のエリアもあるということで、機会があれば、また訪れてみたいロッジです。

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

ポートモレスビー観光

0921

今まで、パプアニューギニアには、5回ほど出かけていますがが、ポートモレスビーには泊まったことがありませんでした。

初めてニューギニアに出かけるとき、オージーの友人が、「ポートモレスビーは危険だから、市内には入らないほうがいい。」と言われたからです。

もっとも、今までは、ポートモレスビーから国内線に乗り換えて地方の町まで出かけていたので、スケジュール的に無理というのもあったのですが。

今回も、両親がニューギニアでコーヒー農園を経営していて、最近、ケアンズに越してきたという最近知り合った友人に、ポートモレスビーの様子を尋ねたら、「あんな危ないとことろ、行ったことがない。」という答。

今回は、ポートモレスビーから先の国内線の出発が早朝で、ケアンズからの便では間に合わないので、前日にポートモレスビーイン。おまけに夕方着の便が満席だったので、ケアンズ発の早朝便で、9時前にはポートモレスビーに到着。

ホテルに1日、缶詰になっているのも、なんかなァ、と思い、ホテルのコンシェルジュのおじさんに、「安全なタクシー運転手」をリクエストして市内観光へ。

そこで現れたのが、写真のジミーちゃん。

どことなく吉本のジミーちゃんに似てません?

本当の名前はYOP。気の優しい、一児の女の子のパパでした。

価格交渉も成立し、レナビーチ、民芸品マーケット、博物館、ニューギニア大学、植物園、フィシュマーケットと周ってきました。

英語が通じているようで、どこか噛みあわない車内での会話でしたが、それなりに楽しい市内観光でした。

あまり物騒だという印象は受けませんでしたし、民芸品マーケットでは、意外と、日本の観光客が多いのにビックリ。

マーケット内で携帯片手に大きな声で日本語でしゃべっていたのは、あの千石先生だったような。

詳細は、こちらで確認下さい。

パプアニューギニア パプアンバス、バラマンディー

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)