2009年3月 3日 (火)

釣りビジョン 「THE FISHERMAN 」

Photo

釣りビジョンの番組 「 THE FISHERMAN 」 で、弊社手配のニューカレドニアでのGTフィッシングが放送されています。

初回は2月25日に放送されましたが、3月5日、6日、7日と再放送があるようです。

是非、ご覧ください。

ニューカレドニアでのGTフィッシングですが、最近、デイビッドとルディーの兄弟がガイドを始めるようになって、かなりいい釣果が上がってます。

昨年は、66キロを筆頭に、50キロオーバーのサイズも何匹か獲れてます。

ツアーの詳細は、こちらで確認できます。

ニューカレドニア、GTフィッシング

Photo_2
ガイドのデイビッドとルディー兄弟

Gt66kg
昨年3月にランディングされた66キロGT

 

 

 

Blogtour

 

Indextournomad

数々の大物を仕留めてきたあのコーラルシートリップにバジェットコースが登場。
今回のコースはGTフィッシングがメインのコースとなります。円高でかなり割安。コースの詳細は、「コーラルシーロングトリップ」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程): 6月5日~11日  6月12日~18日
詳細 : マッカイ(クィーンズランド州東岸、中部)発着、6泊7日

 

Indextourpng_2  

40ポンド(20キロオーバー)のモンスターバラマンディー。淡水魚最強のパワーファイター、パプアンバス。
パプアニューギニアでしか味わえないい醍醐味です。ベストタイドの2トリップをチョイス。コースの詳細は、「ポートモレスビー、バラマンディーとパプアンバス」のページでご確認下さい。 

ツアー日程(現地日程) : 6月28日~7月2日  8月23日~8月27日
詳細 : 4泊5日、到着日、最終日は半日フィッシング、中日3日間の終日フィッシング、ロッジ泊

 

Indextourmarlin_2

グレートバリアリーフのベストシーズン。トローリングで1000ポンドマーリンを、キャスティングでGTを狙います。マーリンの活性が上がらない午前中は、インリーフでGTメインのキャスティング、午後は、アウターリーフでマーリンを狙います。 メインスポットはケアンズ北部のリボンリーフ周辺。

ツアー日程(現地日程) : 10月28日~31日
詳細 : 船中3泊4日、クックタウン、もしくはリザード島発着

 

Indextourweipa

ケアンズのあるクィーンズランド州の中でも、最も大物バラマンディーの実績のあるウエイパ。
バラマンディー以外にツナ、GT、スレッドフィンサーモンなど、多くの魚種が期待できます。ケアンズ経由でのアクセスになります。コースの詳細は、「ウエイパ、ホテル泊、デイトリップ」のページで確認下さい。

ツアー日程(ケアンズ発着) : 9月19日~22日
詳細 : 3泊4日、ホテル泊、到着日半日、その後3日間の終日フィッシング

 

 

Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリック、クリックしても、申し込めません!! 申し込み、お問合せはこちらから。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

今年最後の釣果@ニューカレドニア

Dscf00141

Dscf00361

今年も、残すところあと2日となりました。

このところ、GTフィッシングが好調なニューカレドニアですが、ガイドのデイビッドとルディーから、今年最後の釣果が送られてきました。

GTはジャスト50キロ。

俺も、明日、最後の空振りに出かけてみようかしら?

 

 

Banner_03_2 <== 「最初から期待してないし」、と思ってる方は、クリック、クリック!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

ニューカレドニアからの釣果報告

Image1

ニューカレドニアのフィッシングガイド、デイビッドから、最近のツアーの釣果写真が送られてきました。

今回のツアーでは、50キロオーバーが最大魚だったとか。

ニューカレドニアは今が、夏、シーズン真っ盛りです。

デイビッドはGTフィッシングをメインにフィッシングガイドを行っていて、ニューカレドニア周辺のポイント調査も、かなり丹念に行っているようです。

確か、9月に弊社で手配した鈴木文雄さんの釣行の様子も、前回発売の「ソルト・ワールド」に掲載されています。

オーストラリアでも最近、GTフィッシャーマンが次第に増えてきているようですが、ニューカレドニアはオージーにとって目と鼻の先で、多くのアングラーがニューカレドニアのGTを求めて現地入りしているようです。

ニューカレドニアのGT、最近、熱くなってます。

Dscf07031

Dscf07351

Image3

Image2

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

もし、本当に行きたい方は、メールにてご連絡を。でも7月辺りまで予約いっぱいです。いらっしゃるならそれ以降に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

ニューカレドニア、GTフィッシング

Gt66kg1

これ、昨年の3月にニューカレドニアで釣れた66キロのGTです。

以前、ニューカレドニアのGTフィッシングが日本で注目された頃は、とりあえず大型のGTは釣れてましたが、散発な釣果で、いまいち、脚光を浴びませんでした。

ところが、この66キロのGT以来、オーストラリアでは、ニューカレドニアのGTフィッシングが注目を浴びるようになって来ました。

現在、現地でGTフィッシングのガイドを行っているデイビッドとルディーのフランス人兄弟が、ポイント開拓を精力的に行った結果だと思いますが、かなりの高確率で大物が釣れるようになってきました。

オーストラリアから飛行機で僅か3時間の距離ですから、当然オージーのGTアングラーが多く、昨年辺りから、こちらの釣り雑誌でも紹介されるようにようになりました。

最近は、ヨーロッパ人の間でGTフィッシングが盛んになってきているようですが、ニューギニアはもともとフランス領だったこともあって、フランス人も多く訪れているようです。

今回、釣りビジョンからの取材手配依頼があり、弊社で手配させて頂きましたが、その様子は、近々、釣りビジョンで放送される予定です。

ニューカレドニアは20ポンドオーバーのボーンフィッシュが釣れる場所としても、オーストラリアのフライフィッシャーマンの間では、注目を浴びています。

興味のある方は、お問合せ下さい。

Monstergt11

Lelongthomas_0231

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)